【レビュー】動画編集は?Quadro P620の使い方から評価まで徹底解説!!

 
さぶろぐ
さぶろぐ

画像編集にいいコンパクトなグラボがほしい…


Quadro P620はこんな悩みを解決してくれるグラフィックボードです


▼こんなメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・高いグラフィックス性能
・コンパクト
・低電力
・マルチモニター対応
・快適な使い心地



Quadro P620はNVIDIA(エヌビディア)のGPUを搭載したグラフィックボードです。


その特徴は、高いグラフィックス性能とコンパクトさ。


クリエイターはもちろん、仕事やデイトレードなどでの使用にも最適です。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、Quadro P620をご紹介していきます!

Quadro P620|仕様と特徴

高いグラフィックス性能

Quadro P620はエントリークラスながら高いグラフィックス性能を実現。

512基のCUDAコアと2GB GDDRグラフィックスメモリを備えており、複雑な2D及び3Dモデルの作成にも対応しています。

もちろん、動画視聴や動画編集にも最適。

ロープロファイル規格

Quadro P620はロープロファイル規格に準拠したグラフィックボード。

スリムでコンパクトな設計で、スペースの限られたスリム筐体のワークステーションや小型のパソコンなど、幅広い環境に柔軟に対応することが可能です。

マルチモニター

Quadro P620は2画面のデュアルモニターはもちろん、3画面以上のマルチモニターでの使用も快適。

複数画面を1つの広大なデスクトップ画面として扱うことが可能とする他、複数画面を管理するビジネスシーンやデイトレードなどにもおすすめです。

補助電源不要

Quadro P620は補助電源が不要。

消費電力は最大40Wと低電力だから、電力の制限のあるPCをお使いの方や省電力を求める方にも最適です。

30bitカラー出力対応

Quadro P620はRGB各色10bit、合計30bitのカラー出力に対応。

約10億6433万色の豊かな発色で、リアルかつなめらかなグラデーションを実現し、データの加工や編集の質を上げるサポートをします。

さぶろぐ
さぶろぐ

口コミが気になる!

Quadro P620|口コミと評判

良い口コミ・評判

RTX2060(GameReadyドライバ=DirectX向けのドライバを使用)と性能を比較してみた場合、QuadroのエントリーモデルP620との比較にも関わらず、Quadroの方がOpenGL性能が1.4倍ほど高く、とても快適にCADが動くようになった。

価格.comより引用

Quadroシリーズのローエンドの中でも新製品、且つロープロファイル 1スロットのみ占有ということで、ああ、ちょうど良いレベルだなぁ…と購入に踏み切りました。
画像編集やウェブデザインをする方はゲーマー向けのGeForceよりも絶対こちらの方が良いです。

価格.comより引用

型落ちのQuadro P620ですらオンボのVega8(Ryzen 5600G)を若干凌ぐ。
レイトレーシングとか最近のやつが入るとさすがに逆転されると思うけど。
昔の作品する程度ならどちらでも十分なラインかな

Twitterより引用

Quadro P620の性能についての口コミや評判が目立ちました。


処理速度がはやく、ストレスのない快適な使い心地という意見が多かったです。


コンパクトなグラフィックボードを求めるクリエイターにぴったりですね。

さぶろぐ
さぶろぐ

性能に満足!


悪い口コミ・評判

Quadro P620の悪い口コミは見つかりませんでした。


ゲームには不向きという意見はありましたが、ゲームプレイを目的に購入する人はおらず、画像や動画編集、CADの使用を目的としている人がほとんど。


全体的にかなり満足度の高いグラフィックボードといえそうですね。

さぶろぐ
さぶろぐ

悪い口コミはありませんでした


Quadro P620|レビュー

性能・フレームレート

Quadro P620の性能・仕様は下記の通りです。

発売日2018年2月
CUDAコア512
ベースクロック1266MHz
ブーストクロック1354MHz
GPUメモリ2GB GDDR5
TDP40W


フレームレートについての口コミやレビューは多くありませんでしたが、Quadro P620はゲームに不向きという意見が目立っており、高FPSで安定してゲームができるという意見は見かけられませんでした。

消費電力

Quadro P620のTDPは40Wです。

低消費電力で補助電源も不要なので、電力制限のあるPCをお使いの方や省電力を求める方にもおすすめです。

サイズ

Quadro P620のサイズは154.0×68.9×14.5mmです。

Quadro P620|種類比較

ELSA NVIDIA Quadro P620

ELSA NVIDIA Quadro P620はELSAの販売するグラフィックボードです。

衝撃やホコリに強い設計となっており、耐久性を重視する方におすすめ。

HP NVIDIA Quadro P620

HP NVIDIA Quadro P620はHP(ヒューレットパッカード)の販売するグラフィックボードです。

価格はやや高めですが、信頼性と安定性で評価されています。

ヒューレット・パッカード(HP)
¥29,818 (2024/02/22 22:19:59時点 Amazon調べ-詳細)

Lenovo P620 Quadro P620

Lenovo P620 Quadro P620はLenovoの販売するグラフィックボードです。

コスパの良さと安定性を求める方におすすめ。

Lenovo
¥36,271 (2024/02/22 22:20:00時点 Amazon調べ-詳細)

結局どれがおすすめ?

Quadro P620|よくある疑問

寿命はどのくらい?

Quadro P620の寿命は使用頻度や環境によって異なりますが、一般的には5年程度といわれています。

動画編集に向いてる?

Quadro P620はグラフィックス性能の高さが特徴で、動画の編集にも最適です。

中古で買える?

Quadro P620を中古で購入したい場合は、メルカリやヤフオク、中古販売店などで購入できる場合があります。

販売店はどこ?最安値は?

Quadro P620をお得に買うならAmazonがおすすめ!

Amazonギフトカードにチャージして購入すればさらにお得に買うことができますよ。

取扱説明書

Quadro P620の取り扱い説明書は製品に同梱されています。

確認が必要な場合は付属の取り扱い説明書をご確認ください。

また、メーカーによっては取り扱い説明書を公式HP上で公開している場合もあります。

Quadro P620|メリットとデメリット

クリエイターにぴったりなQuadro P620ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・ゲームには不向き
・ライトユーザー向け
・やや高い

メリット
・高いグラフィックス性能
・コンパクト
・低電力
・マルチモニター対応
・快適な使い心地

さぶろぐ
さぶろぐ

クリエイターに!


Quadro P620|安く買うには?

Amazonでの買い物は、チャージタイプのギフト券を購入するのが1番お得です。

普段からAmazonで買い物をする方はギフト券のチャージを是非試してみてください。

\ 1番お得な支払方法 /

Amazonギフト券をチャージする
さぶろぐ
さぶろぐ

Quadro P620|まとめ

PCケースが小さいのでコンパクトなタイプを探していたところ、Quadro P620を見つけました。


画像編集目的で購入しましたが、発色がよく処理もはやいので快適。


デュアルモニターで使っていますが、不便なく使えています。


▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・画像編集をする方
・CADを使用する方
・複数のモニターを使用する方
・グラフィックス性能を求める方
・コンパクトさを必要とする方


本日ご紹介したQuadro P620

Quadro P620に興味がある方は是非チェックしてみて下さい👇

【レビュー】性能は?RTX2060の使い方から評価まで徹底解説!! 【レビュー】レイトレーシング性能は?RX5700の使い方から評価まで徹底解説!! 【レビュー】認識しない?Razer Core X Chromaの使い方から評価まで徹底解説!! 【レビュー】マイニング性能は?RX580の使い方から評価まで徹底解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)