【口コミ】リケーブルは?AKG N30の評判から使い方まで徹底解説!!

AKG N30 外観1
 
さぶろぐ
さぶろぐ

いろんな音楽を、クリアな音で楽しめるイヤホンないかな…


AKG N30はこんな悩みを解決してくれるカナルイヤホンです。


▼こんなメリットがあります

さぶろぐ
さぶろぐ

・ハイレゾ対応
・耳穴にフィットしやすい形状
・コンパクトで軽量
・ノイズが発生しにくい
・音の再現度が高い



AKG N30はプロも使用する音響メーカー・AKGのカナル型イヤホンです。


ハイレゾ対応で、低音から高音まで原音に近い迫力のあるサウンドを楽しめます。


耳にフィットする仕様で長時間使っても耳が痛くなりづらいです。

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、AKG N30をご紹介していきます!

AKG N30|仕様と特徴

ハイレゾ対応

ハイレゾ

AKG N30はハイレゾ対応で、迫力あるサウンドを楽しむことができます。

2WAYハイブリッドテクノロジー

AKG n30 2wayテクノロジー

AKG N30はバランスド・アーマチュア・ドライバーとダイナミック・ドライバーの2WAY仕様で、原音を忠実に再現します。

メカニカル・チューニング・フィルター

AKG N30メカニカル・チューニング・フィルター

AKG N30はメカニカル・チューニング・フィルターを採用し、音質のバランスが調整できる仕様です。

着脱式ケーブル

AKG N30着脱式ケーブル

AKG N30は着脱式ケーブルなので、断線したときもケーブルだけを交換できメンテナンスしやすいです。

フィット感と密閉性

AKG N30 カナル型

AKG N30は耳掛け型を採用することにより、しっかりとしたフィット感と密閉性を実現しています。

さぶろぐ
さぶろぐ

仕様がわかったところで、口コミをチェック!

AKG N30|口コミと評判

良い口コミ・評判

この程XDP-300Rを購入して次はまともなイヤホンをと探していたのですが、メインのAKGヘッドフォンに似た音色のものを探していたのでこちらを試しに買ったところ、アップグレード2.5mmケーブルで接続して使っています。

最初は箱出しの際に聞いた音だとだいぶ高音域の暴れがすごくまともに聞けなかったんですが、ピンクノイズを15時間ほど鳴らし込むと、均一になるように変化しました。あとは普通の音楽で更に鳴らし込んでます。

音の具合は以下の通り箇条書きで
・低音は強調しすぎや弱いこともなく中程度の音圧。DDで鳴らしてるので無理がない。
・中高音はBA一発で賄ってる2WAYの構造ながらバランスの取れた音で聞いていて嫌さを感じない。

好きな音になったときの感覚は面白くてフラットEQを基本として聞くのに最適です!

Amazonより引用

良かった点
・モニターチックな飾りのない繊細でクリアな音
・定位感
・標準コードの着用感の良さ、絡まりにくさ
・寝ホンしても痛くならない凸の少ない形状
・安っぽくないマットな質感
・遮音性が低いため周囲の声が聞こえる(音漏れはない)

フィルターを付け替えて低音を伸ばすこともできますが、個人的には通常のものの方が好みのため付け替えは特にしていません。

微妙だった点
・遮音性が低いため通勤通学の電車などでの使用にはあまり向きません。
・コードの付け替えは出来ますが、通常の規格のコードが使えない上標準コードが生産終了になっているため、付け替え目的で買うのはNG

家などでゆったりと自分の世界に浸りたい時に持ってこいのイヤホンです。

ゼンハイザーのIE 40proの刺さりすぎる音と違い、どんな曲でもまろやかに鳴らしてくれるので聞き疲れしにくい、大好きな一本。

これからも愛用します

Amazonより引用

いい意味で音がまとまっている感じです。

機械的に低音を張り出しすぎでもなく、高音が鋭いこともなく音源のバランスに忠実な感じです。

さまざまな楽器の音もきちんと聴こえます。

尚、メカニカル・チューニング・フィルターというものが付属していて低音を効かせたい方はベースブーストのフィルターを使用するとベースラインやドラムが前に出てくる感じです。

これまでSHURE425を使用していましたが、AKG N30を購入してからはこちらがメインになっています。

尚、手持ちに同タイプのケーブルがあったので試しに替えてみようかと思ったのですが、微妙に合いませんでした。

リケーブルには要注意です。

Amazonより引用

AKG N30の良い口コミや評判を見ていくと、低音から高音までバランスがとれたサウンドが楽しめるという声がたくさんありました。


耳によくフィットして、長時間使用しても耳が痛くなりづらい着け心地も高評価。


エージングすることで、音のバランスや迫力がでてくるようです。

さぶろぐ
さぶろぐ

これといった突出したものはないけれど、とにかくバランスがよく原音をよく再現してくれるみたい。


悪い口コミ・評判

イヤーピースのフィッティングに対して神経質なイヤホンかな。

イヤーピースがあってないと低音も高音も(特に低音)がスカスカなになります。

フォームチップの方が合ってると思う。

complyは個人的に気持ち悪いので、クリスタルチップスを使用。

音はフラットで繊細な感じ。

低音は必要十分。

ベースが少し増強されてるかな。

やや抜けが悪いように感じる。

XBA-N3と比較してみると、高音はN30の方がキレイに鳴ってるけど、低音はN3が質が良さそう。

装着感は、コンパクトで軽く、形状も悪くない(カッコいいとか良いという意味ではない)ので、良好。

リケーブルは、合うケーブルを選ばないと使えない。

今はonso03だけど、カチッとは嵌まらない。

まあ、人混みの中とかで使わなきゃ問題ないくらいには嵌まってる。

確かに、Bispaのはカチッと填まる。

イヤーピース選びが神経質ななのとリケーブルし難さが価格低下の原因か?色でここまで価格差があるのも珍しいね。

シルバーだと、当初30Kが10K迄下がった。

おかげで手が出しやすかったが…

10K前半だと思えば、四ツ星かな。

Amazonより引用

まず、web上で期限の切れたオプションのケーブルサービスの広告が載り続けていてとても印象が悪い。

AC-2.5M4-MMCX-1.2Mにリケーブル+自作の2.5mmバランス→3.5mm×2バランス+SONY PHA-3 digital入力で駆動。

音質としては、N40と比較すると高域は同等の伸びが得られ、女性ボーカルを聞くには良い感じですが、チューニング・フィルターでBASS BOOSTを選択しても低域の厚みが少なく、ジャズ好きの人には物足りないでしょう。

PHA-3をFiio FQ1222に替えてBASS BOOSTをかけて低域の厚みを強引に作ると、高域とのバランスが崩れて×。

総合するとやはりAKGらしいモニター系の何も足さない、飾らないニュートラルな特性を楽しむ製品だと感じました。

長い時間使用しても疲れずリラックスして音楽を楽しめる。

その製品を2万円程度(シルバー)で購入できるのですからコストパフォーマンス的には○でしょう。

Amazonより引用

AKG N30の悪い口コミや評判を見ていくと、リケーブル選びの難しさを指摘する人がちらほらいました。


音質自体は素晴らしいとの声が多く、悪い口コミはリケーブルに集中している印象です。


ただしリケーブルできないとする口コミは古く、現在はさまざまなメーカーがAKG N30/N40に対応するケーブルを販売しており、この問題は解決しているといえます。 

さぶろぐ
さぶろぐ

現在はAKG純正のケーブルも販売されているよ。


AKG N30|レビュー

音質

AKG N30は、低音域は重厚で迫力のあるサウンドを楽しむことが出来ます。

高音域はノイズが発生しにくくクリアなので、ボーカルや楽器のそのままの音を楽しむことが出来ます。

安定した音質なので、スマートフォンで視聴をするのに向いています。

フィット感

AKG N30はカナル式ヘッドホンなので、耳穴にフィットして体に負担が少ないのが魅力です。

音漏れがしにくいので、アウトドアやレジャーなどで音楽を楽しみたい人に向いています。

コンパクトで軽量なヘッドホンなので、耳にフィットして快適な音楽を楽しめます。

遮音性(音漏れ)

AKG N30はカナル式イヤホンなので耳穴にフィットするため、音が漏れにくく遮音性に優れています。

家族と同居している場合でも、音が漏れにくいので夜間でも音楽を楽しむことが出来ます。

遮音性の高いイヤホンなので、仕事やアルバイトで遅くなりがちな人にお勧めです。

リケーブル

AKG N30はAKG純正リケーブルとして、2.5mm 4極バランス入力の「CN120-2.5」と、3.5mm 3極アンバランスの「CN120-3.5」があります。

AKG N30|使い方

イヤーピースの交換

AKG N30のイヤーピースは、ステム(本体の筒状部分)の根本から引っ張るようにすると簡単に外れます。

PC接続

AKG N30はケーブル接続なので、PCにケーブルを接続するだけでOKです。

エージング

AKG N30は初期のままだと音が荒いです。

エージングによりバランスのとれた音が楽しめるようになります。

バランス接続

AKG N30は、AKG純正モデルの2.5mmバランス接続リケーブル「CN120-2.5」にリケーブルすることにより、バランス接続できます。

初期化

AKG N30は本体側で機械的設定をすることはありませんから、特に初期化という作業はありません。

AKG N30|よくある疑問

AKG N30とAKG N40の違い

AKG N40はAKG N30の上位モデルです。

主な違いは以下の通りです。

AKG N30AKG N40
再生周波数帯域20Hz ~ 40kHz10Hz ~ 40kHz
感度101dB SPL/V @1kHz115dB SPL/V @1kHz
本体重量19.5g22 g
インピーダンス32Ω 20Ω
最大入力20mW10mW

販売店はどこ?最安値は?

AKG N30は家電量販店や通販サイトで購入できますが、Amazonが最安値になることがほとんどです。

説明書

公式HPから見ることができます。

AKG N30|メリットとデメリット

ハイレゾ対応で迫力ある音がなAKG N30 ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット
・カナル式としては高い
・有線なので絡まりやすい
・生産終了のため売っている店が少ない

メリット
・ハイレゾ対応
・耳穴にフィットしやすい形状
・コンパクトで軽量
・ノイズが発生しにくい
・音の再現度が高い

さぶろぐ
さぶろぐ

迫力あるサウンドを楽しめるカナル型イヤホン!


AKG N30|安く買うには?

Amazonでの買い物は、チャージタイプのギフト券を購入するのが1番お得です。

普段からAmazonで買い物をする方はギフト券のチャージを是非試してみてください。

\ 1番お得な支払方法 /

Amazonギフト券をチャージする
さぶろぐ
さぶろぐ

AKG N30|まとめ

AKG N30 外観2

AKG N30はコンパクトで軽量なので外出時に持ち運びがしやすいです。


接続が安定しており、音漏れがしにくいので夜間や外出先でも音楽を楽しめるようになりました。


機能性や実用性に優れており、迫力あるサウンドを楽しんでいます。


▼こんな方におすすめ

さぶろぐ
さぶろぐ

・コンパクトなイヤホンがほしい
・軽量なものがいい
・ハイレゾ対応製品を使いたい
・外出時にもクリアな音を楽しみたい
・迫力ある音が好き


本日ご紹介したAKG N30

ハイレゾ対応カナルイヤホンに興味がある方は是非チェックしてみて下さい👇

【レビュー】コスパ最強?ワイヤレスイヤホン EarFun Air Pro 2を紹介! 【口コミ】リケーブルは?MAVERICK II Reの評判から使い方まで徹底解説!! 【口コミ】リケーブルは?FiiO FD5の評判から使い方まで徹底解説!! 【口コミ】リケーブルは?AKG N30の評判から使い方まで徹底解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)