【調査レポート】多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視すること1位は?「敏感肌用」であることでした!

この記事はPR商品を含みますが、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に、株式会社レビューがインターネット調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

目次

調査概要

  • 調査日:2023年3月
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:100人(男性36人女性64人)

*本アンケート結果を引用する場合は「メイクアップ」のURL( https://jafmate.co.jp/makeup/ )を使用してください。

調査結果サマリー

多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視すること1位は「敏感肌用」でした。

多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視すること1位は「敏感肌用」

多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視することをアンケートにて調査したところ、1位は「敏感肌用」でした。

その他についても、ランキング形式でご紹介していきます。

1位になったのは「敏感肌用」です。

2位以降は、「PA値が高い」、「無添加」と続き、「色付き」は7位という結果になりました。

多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視すること1位:敏感肌用

男性20代

敏感肌用のものは、肌に優しい成分で作られていることが多いため、ほかのものよりも安心して利用できると感じているため。

女性50代〜

過敏症に対応できるような敏感肌用のものだと成分が肌にも優しくアレルギー反応が出にくいと思うからです。

女性30代

多形日光疹の方は、日光にあたるとかゆみや痛みを伴うことが多々あるので、敏感肌用のお肌に優しい日焼け止めを使用するべきだと思います。

1位は「敏感肌用」です。
敏感肌用のものであればお肌に優しいから安心して使えるという理由で選んでいる人がとても多いです。

多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視すること2位:PA値が高い

女性30代

肌が弱く、特に日に当たると、頬に赤くブツブツが出来たり、ひどい時はこぶのように腫れたり、色が抜けたりと悩んでいます。
皮膚科に行っても、薬をもらい、日焼けしないように気をつけてください、と言われるだけなので、とにかくPA値が高いものを選んでいます。

女性40代

日焼け止めしたいから買うのでPA値は特に気にします。
肌は弱くないので無添加とかも気にしません、メーカーも特に気にしないです。
全身に使えて日焼け止め数値高くて、低額を選びます。

女性30代

日焼け止めとして利用するのであれば、しっかりとUVカットしてくれるものがよいから。
日焼け止めの効果がないなら塗っても意味がないのでPA値が高いものがよいです。

2位は「PA値が高い」でした。
とにかく日焼けを防止するために日焼け止め効果が高いものを意識して使っている人も多いですね。

多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視すること3位:無添加

男性20代

塗り心地はサラサラと軽いもので、できるだけ肌に優しく石鹸で落ちるものを毎回選ぶように心がけています。

男性40代

無添加の日焼け止めは多形日光疹にを気にせずに使用できるため、肌への負担が少ない日焼け止めが効果的だと思います。

女性40代

荒れやすい肌なので、少しでも肌に優しいと嬉しいし、安心して継続して使えると思います。
汗をかいたときにも安心感があります。

多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視すること3位:医薬品メーカー

女性40代

医薬品メーカーから出ているものであれば、日光に弱い方向けに商品化されている事がおおいのではないかと思ったから。

女性40代

とにかく肌に負担がすくないことが必須条件。
医薬品メーカーが作っているものが安心です。
皮膚科で処方されるとか、販売してくれているものならば、なお安心。

女性30代

1番は病院に行って診察して医師に処方してもらうのがいいと思うが、それが難しいのであれば医薬品メーカーが出しているものの方が、いろんな症状に基づいて開発されていると思うので、少しは安心して使用できると思う。

多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視すること3位:顔・ボディ兼用

女性30代

体は衣服で隠すことができるけど、顔とか首デコルテなどは、露出してしまうため、症状が出やすいし目立つので全身に使える方がいいから。

女性20代

毎日使うことなので顔とボディに使える日焼け止めの方は便利とお得だと思っています。
顔とボディに使える日焼け止めだったらPAも高いですね。

男性30代

一つのアイテムで全て用事がすむという点でこれが良いです。
コスト削減が叶うことでもとても良いと感じます。

多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視すること6位:ノンケミカル

女性50代〜

多形日光疹の人には、ノンケミカルの日焼け止めが一番肌に優しくて、効果が高く、使い勝手がいいようにおもいます。

女性30代

紫外線吸収剤は吸収した紫外線をエネルギーに変えて放出するため、肌への負担が大きい。
アレルギーの原因物質が含まれていることもあります。

女性30代

知り合いの薬剤師の方が、日焼け止めを選ぶなら絶対ノンケミカルの物を選んだ方が良いと教えてくれたから。

多形日光疹の方が日焼け止め選びで重視すること7位:色付き

女性30代

私の場合は全身に発疹が起きるため広範囲に日焼け止めを塗布していますが、その中で今までの一番のストレスは日焼け止めの色で服が汚れてしまうことでした。
そのため、日焼け止めは無色透明であることが必須です。

「色付き」は7位でした。
広範囲に日焼け止めを塗る為、衣服についても大丈夫であることを重視している人もいました。

まとめ

100人にアンケートを行ったところ、「敏感肌用」と回答したのは全体の44.0%でした

また回答した理由として、敏感肌用であればお肌に優しいからという意見や、かゆみなども出にくそうだからといった意見が数多く見受けられました。

日焼けを予防したり、かゆみが出ないような成分のものを選んでいる人も多いです。

多形日光疹の方はどんな日焼け止めをつかったらいいのか参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次