【調査レポート】メイクの上達に必要だと思うテクニックは?1位は「左右対称な眉」!

この記事はPR商品を含みますが、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に、株式会社レビューがインターネット調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

目次

調査概要

  • 調査日:2022年3月
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:150人(女性142人男性8人)

*本アンケート結果を引用する場合は「メイクアップ」のURL( https://jafmate.co.jp/makeup/ )を使用してください。

調査結果サマリー

メイクの上達に必要だと思うテクニック1位は「左右対象な眉」でした。

メイクの上達に必要だと思うテクニック1位は「左右対象な眉」

メイクの上達に必要だと思うテクニックをアンケートにて調査したところ、1位は「左右対称な眉」でした。

その他についても、ランキング形式でご紹介していきます。

1位になったのは「左右対称な眉」です。

2位以降は、「シミや毛穴のカバー」、「ハイライト、シェーディング」と続き、「潤いのある唇」は7位という結果になりました

メイクの上達に必要だと思うテクニック1位:左右対称な眉

女性30代

眉毛が違うだけで、顔の印象が全然違うようになる。
眉毛の書き方が上手だと他のパーツの化粧が少々下手でもカバーできるようなきがする。

女性20代

眉毛を描くのは本当に大変で、メイクの中でも一番時間がかかるところだと思います。
でもそこをきちんとしてあげるとメイクうまいなと思われるポイントでもあると思うからです。

女性40代

絶対眉です!
本当に難しい技術だと思いますが、自分にあった眉を追求してそれが見つかった時は最高です。
色も大切ですし、太さ、長さも数ミリ単位で変えていきながら最終的に自分が好きなものになればいいと思います。

1位は、描くのが難しい「左右対称な眉」が選ばれました。
眉毛が上手に描けていれば他のパーツのメイクもカバーできたり、メイクがうまいと思われるという意見がありました。

メイクの上達に必要だと思うテクニック2位:シミや毛穴のカバー

女性20代

毛穴のない肌をパウダーやコンシーラーで作るだけで、たとえ美人でなくてもとても綺麗な人だと感じることができるから。

女性30代

肌が綺麗なのが1番だと思うのでシミや毛穴のカバーを上手に隠せるのがメイクに必要なテクニックだと思います。

女性30代

肌が綺麗だと清潔感がある
毛穴やシミがないだけで若々しく見える
肌が明るいだけで人柄もよく見え他人に対して好印象を与える

メイクの上達に必要だと思うテクニック3位:ハイライト、シェーディング

女性40代

ハイライトやシェーディングをうまく使いこなせれば、小顔に見せることもできるし、強調させたいところは強調できるし思いのままです。

女性40代

ハイライトやシェーディングのうまさは骨格までも違うように見えるので重要だと感じます。
のっぺりした顔も立体的に見せられることで大きな変化になります。

女性30代

ハイライトとシェーディングは入れるのと、入れないのでは、顔の印象が全然違うからです。
ハイライトも細かく所々にいれる方法もあれば、重要な箇所だけに入れる方法もあり、シェーディングも同様で奥が深いからです。

メイクの上達に必要だと思うテクニック3位:デカ目テクニック

女性30代

目は第一印象の時から、見た目の良し悪しを判断するのに重要なポイントであると思う。
大きな目であるほど華やかに見える。

女性40代

目が大きく見えるだけで綺麗、可愛く見えるからです。
特にマスク生活が長いため,目で人の表情を判断しがちになるため、目を大きくすると印象も良いからです。

女性20代

相手の顔を見たときにメイクで一番印象を決めるのは目なのでアイシャドウやマスカラなどを使いこなせるといいと思いました

「デカ目テクニック」は同率3位でした。
印象を決めるのは”目元”だからという意見が多くありました。

メイクの上達に必要だと思うテクニック5位:自然な涙袋

女性20代

ナメクジみたいになったら垢抜けないし、自然な涙袋があることで目の大きさが全然違って大きく見えるから。

女性20代

涙袋ブームにより涙袋を形成するアイテムが増えましたが過剰に描いて不自然な仕上がりになっている人も多いと感じます。
ナチュラルに仕上げるテクニックを覚えればメイクの上達に繋がると思います。

男性20代

涙袋があるだけでだいぶ印象が変わってきますし目元が目につくし今はマスクをするので特に必要だからです。

メイクの上達に必要だと思うテクニック6位:チークの位置

女性30代

チークの位置によって人は顔の印象がかなり変わると思います。
そのため、まずはチークの位置を覚える必要があるからです。

女性20代

チークの位置で顔の大半の面積を占める頬のバランスが変わってくるから。
自分の顔の形に合うチークを入れないと、輪郭が変に見えたり、頬がこけて見えたりしてしまうので、テクニックが必要だと思う。

女性50代〜

たまに見かけるのがチークの位置を間違えてオテモヤンになっている人がいます。
顔が大きく見えてしまったりおばかな印象にもなるので位置は重要です

6位の「チークの位置」は、位置を間違えると輪郭が変に見えてしまいテクニックが必要という意見がありました。

メイクの上達に必要だと思うテクニック7位:潤いのある唇

女性20代

かさかさの唇だと清潔感もないし、手入れをしていなさそうに見えてしまうのでこの中だと一番大事だと思いました。

女性40代

最後の仕上げにリップを使うのですが色使いや輪郭のとり方で全く違う印象になる為、特に大人の女性の雰囲気を作るには唇のメイクテクニックが大事だと感じています。

7位は「潤いのある唇」という結果になりました。

メイクの上達に必要だと思うテクニック8位:その他

女性40代

アイラインの書き方が重要になってくると思います。
みんな同じこと考えてると思いますが、年齢に応じて、書き方が皆変わってくるので、テクニックが必要になるのだと思います。

女性50代〜

年齢にあった化粧のしかたがあることを知りました。
アイライナーの書き方、チークカラーの使い方があります。背伸びして若い人のメークを真似してもイタイだけです。

女性50代〜

目のクマが私はひどいので、目のクマをファンデーションでカバーして見た目がよく見えるようにしています。

その他には、「アイラインの書き方」「年齢にあった化粧のしかた」「目のクマのカバー」などがありました。

まとめ

150人にアンケートを行ったところ、「左右対称な眉」と回答したのは全体の44.0%でした

また回答した理由として、描くのが難しいからという意見や、きれいに描けるとメイクが上手に見えるといった意見が数多く見受けられました。

左右対称に描くのが難しい眉メイクを苦手と思っている方はかなり多い印象を受けました。

メイク動画などを見てもメイクの仕方がわからない場合は、眉サロンやコスメカウンターに行って相談してみるのもいいかもしれませんね。

目次