【調査レポート】バッグに絶対入れるアイメイク用品は?1位はやっぱりあのパーツ?

この記事はPR商品を含みますが、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に、株式会社レビューがインターネット調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

目次

調査概要

  • 調査日:2022年6月
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:150人(女性144人男性6人)

*本アンケート結果を引用する場合は「メイクアップ」のURL( https://jafmate.co.jp/makeup/ )を使用してください。

調査結果サマリー

バッグに絶対入れるアイメイク用品1位は「アイブロウ」でした。

バッグに絶対入れるアイメイク用品1位は「アイブロウ」

バッグに絶対入れるアイメイク用品をアンケートにて調査したところ、1位は「アイブロウ」でした。

その他についても、ランキング形式でご紹介していきます。

1位になったのは「アイブロウ」です。

2位以降は、「アイライナー」、「ビューラー」と続き、「アイプチ」は7位という結果になりました。

バッグに絶対入れるアイメイク用品1位:アイブロウ

女性30代

眉毛はたまに途中が切れている場合などあり、眉毛がないのが個人的に1番恥ずかしいため。
その他は多少化粧が崩れていても気にならないため。

女性40代

メイク直しあまりしない方ですが、知らないうちに眉がうすくなっていたり、消えていることがあり、アイブロウ持参は必須です。

女性40代

アイブロウは汗をかいたり深く帽子を被るとすぐ落ちるのでバッグに絶対入れて持ち歩いています。
お手洗いで簡単に手直しができるのも魅力です。

1位は、気づいたら薄くなっていると「アイブロウ」が選ばれました。
メイク直しをあまりしない方でも、「アイブロウ」は持ち歩く方が多いという結果になりました。

バッグに絶対入れるアイメイク用品2位:アイライナー

女性30代

アイラインが滲んだり消えたりすることが多いので、化粧直しをするときは必ず必要になるのでいつもバッグには入れています。

女性30代

目周りがメイクが崩れやすいので、アイライナーを足すと一気に顔が締まり、少しであれば眉にも使えるので便利です。

女性40代

汗などでいつの間にか落ちていて、化粧崩れがひどいので、トイレに行った時にメイクを直しています。
なので、バックにいつも入れています。

2位は「アイライナー」。
メイクが崩れやすいパーツだからと選ばれました。
アイブロウとしても使えるという意見もありました。

バッグに絶対入れるアイメイク用品3位:ビューラー

女性30代

マスカラを塗っても結構な頻度でまつげが下がってしまうことが多いので、携帯用のピューラーを常にポーチに入れています。
お手洗いに行ったときにさっと上げられるので便利です。

女性20代

最近マスクの鼻の部分からの蒸気や、梅雨時期の湿気などでまつげが下がることが多いから。
まつ毛が下がると目の大きさも変わるし、気分も落ちるから。

女性20代

まつ毛がしっかりと上がっているだけで、顔の見え方が違うのでビューラーは持ち歩きにも必須です。
時間が経つとマスカラの重みでまつ毛が落ちてくるのでメイク直しに必ず使います。

3位の「ビューラー」は、マスクをつけることで湿気でカールが落ちやすくなるという意見がありました。

バッグに絶対入れるアイメイク用品4位:アイシャドウ

女性30代

眉にも使えるカラーを入れているのでアイメイクだけでなく、眉毛が汗で落ちた時にも使えて便利だからです。

女性20代

ブラウンのアイシャドウをバッグに入れている。
ほかのメイク道具がなくてもブラウンのアイシャドウがあればアイブロウ、チーク、シャドウとほかの用途にも使用できるから。

女性50代〜

今はマスクをして顔のほとんどが隠れてしまうので、色々な色があるアイシャドウを使って目元だけでも気合いいれてます。

4位の「アイシャドウ」も、アイブロウに使えるという声がありました。

バッグに絶対入れるアイメイク用品5位:何も入ってない

女性30代

リップクリームとパウダー以外あまり外ではお直ししないから、必要がないので。
夏になるとアイブロウはたまに、汗をかきやすいので入れます。

男性20代

外出先で目元を治すことがほぼ無いので、アイメイク用品は入れていません。
ファンデーションとリップのみです。

女性40代

現在子育て中で荷物が多いため、自分のメイク道具を持ち歩いていません。
もう少し子供が大きくなったら持ち歩く予定です。

バッグに絶対入れるアイメイク用品6位:マスカラ

女性40代

マスカラはやはり気が付いたら落ちてしまったりしているので、落ちてしまってもすぐに直す事が出来る。
マクスで下は見えないから余計に目は気をつけている。

女性40代

もともと下向き加減のまつげだけど、まつげパーマもしていないのでマスカラがないと困る。
気になるときに手軽に出来るからよい。

女性40代

まつ毛が夕方に少しさがってきて、お直しなどが必要だと感じることが多いので、持ち歩いて塗り直したりしています。

バッグに絶対入れるアイメイク用品7位:アイプチ

女性20代

汗などでアイプチがとれたり、よれたりする時に直したいため。急に取れたりしたら、付け直すためにも絶対に入れています。

女性30代

アイプチは時間が経つと取れることが多く、そのままにしておくと不自然なので、いつでも直せるように常備しています。

7位は「アイプチ」という結果になりました。

バッグに絶対入れるアイメイク用品8位:その他

女性20代

その他(アイブロウマスカラ)今はほとんどマスクなので、眉毛の色だけ変えていればなんとなく化粧している雰囲気になる。
眉毛の色が落ちてしまうとすっぴん感がでるので、お直し用に常備

女性30代

長時間外出のときは化粧がよれたりするのでコンシーラーは必須です。
特に私の場合はクマが目立つのでそれを隠すためにいれています。

「その他」には「アイブロウマスカラ」「コンシーラー」がありました。

まとめ

150人にアンケートを行ったところ、「アイブロウ」と回答したのは全体の40.0%でした

また回答した理由として、気づいたら取れているという意見や、薄くなっていると恥ずかしいといった意見が数多く見受けられました。

他のアイメイクに比べ、取れていたり薄くなっていると恥ずかしいと思う方が多い傾向があるようです。

これから暑くなりメイクが崩れやすい季節になるので、お直しアイテムがバッグに入っていたら安心ですね。

目次