MENU

【調査レポート】スマホを利用していて困ったことは?「眼精疲労・肩こり」が1位に!

目次

調査概要

  • 調査日:2022年4月
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:150人(女性106人男性44人)

*本アンケート結果を引用する場合は「ahamo」のURL( https://jafmate.co.jp/ahamo/ )を使用してください。

調査結果サマリー

スマホを利用していて困ったこと1位は「眼精疲労・肩こり」でした。

スマホを利用していて困ったこと1位は「眼精疲労・肩こり」

スマホを利用していて困ったことをアンケートにて調査したところ、1位は「眼精疲労・肩こり」でした。

その他についても、ランキング形式でご紹介していきます。

1位になったのは「眼精疲労・肩こり」です。

2位以降は、「時間の無駄遣い」、「通信料が負担」と続き、「事故」は7位という結果になりました

スマホを利用していて困ったこと1位:眼精疲労・肩こり

女性30代

少しの隙間があるだけで携帯電話を見るようになってしまった。
右手で携帯を操作するのでに右の首と肩がものすごくこるようになった。
寝る前も見る習慣がついてしまったので眼精疲労もひどい。

女性20代

テレワークもしているので、スマホとダブルで利用する時間が長いため、眼精疲労は結構来ます。
酷いときは、頭痛がするときもあります。

女性30代

スマホを使い始めてから、ガラケー時代よりも携帯電話に触れる時間が増え、寝る前に暗い中でベッドの中で見るので、視力がものすごく下がったから

1位は「眼精疲労・肩こり」。
仕事でもPCを使い、自宅では寝る直前までスマートフォンを見ているという方が沢山いました。
眼精疲労による頭痛や、視力が低下したという方もいました。

スマホを利用していて困ったこと2位:時間の無駄遣い

女性40代

勉強や仕事をしなければならないのに、ついつい見てしまう。
スマホに集中しすぎて電車を乗り越してしまうこともある。
自己規制が大切だなと思います。

女性30代

YouTubeやSNSを見ているとあっという間に時間が経ってしまっている。
そのためやらなければならなかったことなど、焦ってやってやっていることが多い。

女性30代

ゲームやSNSをしているときは楽しいですが、気づいたらすごい時間が経っていたりして後悔します。
この時間でもっとためになることをすれば良かった…と思います。

2位は「時間の無駄遣い」で、やることがあるのについスマートフォンを見てしまい気づいたらすごい時間が経っていたという意見が沢山あり、中にはスマホに集中しすぎて電車を乗り越してしまったという方もいました。

スマホを利用していて困ったこと3位:通信料が負担

男性40代

通勤時間が長いので、動画視聴をしているといつの間にかパケット利用の上限を超えてしまい、回線速度が低速になってしまって困った事がある。

女性30代

出先でYouTubeや動画をみるとすぐに、通信制限がかってしまい負担額が増えることが一番の悩みです。

女性30代

値段がどうしても高くなったりするのがネックで困っています。
サクサク使うには値段がたかくなるしで最適なプランがわかりにくい。

スマホを利用していて困ったこと4位:不眠

男性40代

どうしても寝る前にスマートフォンを触ってしまうので、目が冴えてしまい眠れなくなることが多いのは問題だと思っています。 

女性30代

ネットサーフィンし始めると止まらなくなり、いつやめようかわからなくなってしまう。
その結果目が冴えて眠れなくなるので。

女性20代

ゲームや漫画、動画視聴など、アプリが充実していて良い反面、いつのまにか睡眠時間が大幅に削られてしまう

スマホを利用していて困ったこと5位:人間関係

男性30代

人間関係の整理をしていくことで困ることがありました。
本当に仲の良い人とだけ関わっていきたいという点で連絡などで困りました。

女性40代

スマホでニュースやSNSを真剣に見ているときに、家族に話しかけられることがあります。
集中しているときちんと話を聞けなくて、お互いにいやなきもちになります。

女性30代

メールやLINEなど、他の人とのやりとりが面倒だなと思うことがよくあります。
連絡が来たらすぐに返さないと失礼だと思って、自分の時間が奪われるように感じることがあります。

スマホを利用していて困ったこと6位:本体が重い

男性30代

仰向けでスマートフォンを操作しているとき本体の重さをもろに感じるため、また落として顔にぶつかったとき、とても痛い思いをした。

男性30代

スマホ下部に小指を置き、そこにスマホを置く様な持ち方をしているため、小指が痛くなります。(その方が安定するため)

女性40代

腕は腱鞘炎です。
もう何年も治りません。
かと言ってスマホを見ないことはできないから、ずっと我慢しています。

6位は「本体が重い」。
顔にスマートフォンを落としたことのある方は結構多いのではないでしょうか。

スマホを利用していて困ったこと7位:事故

女性50代〜

赤信号で停まった時、LINEが届いて、反射的に開いてしまって、信号が青になったようで隣の車が動き出したので、慌ててスマホを助手席に置いてアクセルを踏んだらまだ前の車が動かず停まっていて後ろから追突してしまった。

女性30代

仰向けでスマホの操作を行う際、顔に落ちるという事故を何度か経験しました。
大体鼻や目に落ちてくる為青あざになることが多いです

7位は「事故」でした。

スマホを利用していて困ったこと8位:その他

女性30代

スマートフォンを使うことによって、バネ指の症状が出てしまった。
症状はスマートフォン使用時のみ。

男性20代

充電の減りが早い。
動画を複数再生したり、GPSを使うアプリを使用していると、家を出る前には90%以上でも帰る頃には10%をきっている。

男性50代〜

バッテリーが無くなる。
電車等で、スマホを使って乗車しているのに、うっかり乗車中にバッテリーを使い果たしそうになる。

「その他」には「バネ指の症状が出た」「充電の減りが早い」などがありました。

まとめ

150人にアンケートを行ったところ、「眼精疲労・肩こり」と回答したのは全体の34.0%でした

また回答した理由として、寝る直前までスマホを見ているという意見や、少し時間があるとすぐスマホを見てしまい首と肩がこるようになったといった意見が数多く見受けられました。

通話などの通信機能のほかにゲームや動画に音楽と色々なことが楽しめるスマートフォンは、私たちの生活に欠かせない物となりました。

スマートフォンの使用時間などに気をつけながらうまく利用していきたいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次