歌うイチナナ(17LIVE)ライバーがカラオケ配信したい時に気をつけること

さぶらいぶ

カラオケ配信のルールが知りたいな

イチナナ(17LIVE) で カラオケ配信はルールを守らないとアカウントを使えなくなったり、最悪訴えられる恐れも・・

ここでは、イチナナ(17LIVE)のカラオケ配信のやり方とルールを解説します。

17LIVE - ライブ配信 アプリ

17LIVE – ライブ配信 アプリ

17LIVE LIMITED無料

本記事にはプロモーションが含まれています

目次

イチナナでカラオケ配信自体はOK

カラオケ音源やCDを使うのはNG

イチナナ(17LIVE) で カラオケ配信はできても、カラオケ音源やCDを使うのはNG。

CDのカラオケバージョンは個人使用のために収録されており、配信で公に使うのを認めていません。

つまり、人が作った音源を使ってカラオケ配信しちゃダメ。

弾き語りやアカペラの場合も申請が必要

また、弾き語りやアカペラであっても無断でイチナナ(17LIVE) に使えません。

ですが、JASRACとイチナナ(17LIVE)が包括契約を結んでるので、事前申請すれば使用可能

イチナナで音楽を使う場合は著作権をチェック

イチナナ(17LIVE) での使用に著作権の有無に注意が必要なのは主に・・

  • 楽曲
  • 歌詞
  • メロディーライン
  • ゲーム音楽
  • BGM

カラオケ配信に限らず、「どんな使い方はOKなのか」著作権や著作隣接権を理解しておきましょう。

著作権違反を運営が見つけた場合、アカウント停止されたり最悪訴えられる恐れがあります。

著作権違反のリスク
  • 違反は見た人誰でも訴えられる
  • 最大10年の懲役か最大1,000万の罰金
    (もしくはその両方)
さぶらいぶ

使いたい時は事前申請しよう

17LIVE - ライブ配信 アプリ

17LIVE – ライブ配信 アプリ

17LIVE LIMITED無料

イチナナのカラオケ配信のやり方

準備①JASRACで楽曲検索をする

イチナナ(17LIVE) アプリを立ち上げてマイページからヘルプでカラオケ配信について検索します。

STEP
JASRACで楽曲検索

こちらへアクセスし、使用上の注意事項確認後、音楽検索に進みます。

作品タイトルとアーティスト名だけで検索できます。
※複数検出されたら更に条件を追加します。

STEP
作品コードをコピー

楽曲の詳細情報から、作品コード(赤■内)をコピーします。

※JASRACに登録されていない=著作権が無いとは限りません。
登録されていない楽曲を使いたい時は、著作者に直接許可をもらいます。

準備②配信前or後に楽曲使用申請をする

こちら「JASRAC楽曲申請」から必要事項を入力し申請します。(必須入力事項は*)

STEP
IDまたは氏名を入力

イチナナ(17LIVE) のID、またはアカウントに本名登録している方は氏名を入力します。

STEP
作品コードをペースト*

前にコピーしておいた作品コードをペーストします。
※3桁-4桁-2桁(ハイフン必須)

STEP
使い方を選択*

曲のみ使用はI、曲と歌詞の両方使用はV、歌詞のみ使用はTを選択します。

STEP
歌詞のアレンジの有無*

原曲の歌詞をそのまま使う場合は「1」、歌詞を和訳で歌う場合は、「2」、アレンジした歌詞で歌う場合は「3」を選択します。

※「3」は認められない場合があります。

STEP
IL区分を選択*

日本の楽曲は「L」海外の楽曲は「I」を選びます。

STEP
再生回数を入力*

楽曲を使う回数を入力します。
※配信が複数回に分かれるときは、通算の使用回数を入力します。

STEP
2曲以上使用の有無*

配信で2曲以上使いたい時は「はい」、使わない時は「いいえ」を選択

STEP
送信

フォームを送信して申請完了です。

「使用申請」は配信前、後でも可能ですが、使用(再生)回数が分からない時は、配信後に申請しましょう。

さぶらいぶ

使用申請は忘れないでね

17LIVE - ライブ配信 アプリ

17LIVE – ライブ配信 アプリ

17LIVE LIMITED無料

イチナナのカラオケ配信のための機材5つ

17live歌配信のための機材①インターフェース

カラオケ配信で必要な機材1つ目、オーディオインターフェース。

マイク音声やBGMをスマホに送るのに必要で、音ズレや反響を感じにくくなります。

イチナナ(17LIVE) の カラオケ配信はこの記事で紹介されているYAMAHA ヤマハ AG03MK2Wがおすすめです。

17live歌配信のための機材②アダプタ

上記オーディオフェース「AG03」を繋ぐのにケーブルかカメラアダプタも必要。

PCとの接続は付属ケーブルで接続できますが、iPhoneと接続する場合、カメラアダプタが必要です。

また、スマホ配信の場合、AG03用の電源を確保するのにモバイルバッテリーも接続します。

17live歌配信のための機材③マイク

3つ目にカラオケ配信専用のマイクも必要です。

  • 本格派の方・・・感度が良いコンデンサーマイク
  • 外でも使う方・・丈夫なダイナミックマイク

オーディオインターフェース使用時

オーディオインターフェースとマイクをXLRケーブルで接続します。

17live歌配信のための機材④ヘッドホン

カラオケ配信に使うヘッドホンは以下の記事にあるATH-MSR7bがおすすめです。

iPhone配信で、用意する機材(上記紹介済み)
  • オーディオインターフェース(YAMAHA AG03MK2W)
  • カメラアダプタ
  • モバイルバッテリー
  • マイク
  • XLRケーブル
  • ヘッドホン(ATH-MSR7b)

17live歌配信のための機材⑤楽器or申請した音源

イチナナ(17LIVE) の カラオケ配信で絶対に必要なのは音源。

申請した楽曲を弾き語りするか、JASRACからライセンス付与されたYoutube音源をダウンロードして準備します。

Youtubeで使えるカラオケの音源
  • カラオケシンギングキング
  • ヒロのピアノ伴奏アレンジメント
  • カラオケ歌っちゃ王
  • ピアプロ(ボカロ曲)
さぶらいぶ

自作曲も使えるよ

17LIVE - ライブ配信 アプリ

17LIVE – ライブ配信 アプリ

17LIVE LIMITED無料

イチナナ公式で開催!カラオケグランプリ

公式のイベントだから楽曲申請しなくても歌える

イチナナ(17LIVE) のイベント中は「LIVE DAM(ライブダム)」から昭和歌謡から最新曲までカラオケ音源が提供されます。

参加権を獲得した上位10名のライバー限定ですが、楽曲はどれだけ使用しても申請不要。

優勝者には豪華プレゼントも?

イチナナ(17LIVE) のカラオケグランプリでは、リスナーの投票と機械採点で優勝者が決定します。

第2回のカラオケグランプリの優勝者には、30,000円の賞金のほか、リムジンクルージング、MTV出演のチャンスが与えられました。

さぶらいぶ

イベントは不定期に開催されるよ

17LIVE - ライブ配信 アプリ

17LIVE – ライブ配信 アプリ

17LIVE LIMITED無料

イチナナのカラオケ配信に関するよくある疑問と回答

こちらではイチナナのカラオケ配信に関するよくある疑問点に回答します

YouTubeの著作権フリーの音源は使っても大丈夫ですか?

問題ありません

YouTubeもJASRACと包括契約を結んでいるため使用することができます。

配信中BGMを流したいのですが必要な機材はありますか?

オーディオインターフェースがあれば、別の音楽機材で流した音をスマホに流すことができます

スマホのマイクで直接音を拾う方法だと音質が悪くなるため、質の高い配信を目指すのであればオーディオインターフェースがあるといいでしょう。

CDなどの音楽を流すと著作権違反になりますか?

CDやカラオケ音源を勝手に使用すると著作権違反になります。

ただしJASRACと包括契約に含まれる楽曲であれば、弾き語りやアカペラ配信、BGMで使用可能です。

楽曲を使う場合に申請が必要ですか?

「JASRAC楽曲申請」から使用した楽曲を申請してください。

配信前と後どちらでも大丈夫です。

カラオケ店で配信しても問題ありませんか?

カラオケ店で配信するだけなら問題ありません

カラオケ音源を使用すると著作権法違反になるため注意しましょう。

17LIVE - ライブ配信 アプリ

17LIVE – ライブ配信 アプリ

17LIVE LIMITED無料

歌うイチナナライバーは安全にカラオケ配信をしよう

イチナナ(17LIVE) で カラオケ配信するときのポイントは以下のとおりです。

  • カラオケ音源の使用はNG
  • アカペラや演奏するのは申請がいる
  • Youtubeから楽曲ダウンロードできる
  • イベント開催中、参加者は歌い放題
さぶらいぶ

著作権に気を付けて

簡単に歌いたい方は、カラオケ配信に特化したミラティブもおすすめですよ。

17LIVE - ライブ配信 アプリ

17LIVE – ライブ配信 アプリ

17LIVE LIMITED無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次