【調査レポート】ニキビ肌の方は日焼け止め選びにはどんなことを重視している?結果は「無添加」が1位!

この記事はPR商品を含みますが、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に、株式会社レビューがインターネット調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

目次

調査概要

  • 調査日:2023年3月
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:100人(女性79人男性21人)

*本アンケート結果を引用する場合は「メイクアップ」のURL( https://jafmate.co.jp/makeup/ )を使用してください。

調査結果サマリー

ニキビ肌の方が日焼け止め選びで重視すること1位は「無添加」でした。

ニキビ肌の方が日焼け止め選びで重視すること1位は「無添加」

ニキビ肌の方が日焼け止め選びで重視することをアンケートにて調査したところ、1位は「無添加」でした。

その他についても、ランキング形式でご紹介していきます。

1位になったのは「無添加」です。

2位以降は、「スキンケア成分配合」、「さらっとしたテクスチャー」と続き、「SPF50である」は6位という結果になりました。

ニキビ肌の方が日焼け止め選びで重視すること1位:無添加

女性20代

日焼け止めは化粧をするの時に1番直で肌に塗るものなので、なるべく肌に優しいものにしないと荒れてしまうから。

女性20代

敏感肌でニキビができやすいため、肌に直接塗るものはなるべく優しいものを選びたいと思っているので、無添加のものが良いです。

女性30代

出来るだけ肌に負担やストレスのない刺激の少ないものを使いたいので、無添加のものを選ぶようにしています。

1位は「無添加」でした。
日焼け止めは肌が荒れてしまいやすいので、できるだけ肌に負担の少ない無添加のものを選びたい人が多いです。

ニキビ肌の方が日焼け止め選びで重視すること2位:スキンケア成分配合

女性30代

日焼け止めが毛穴につまってニキビができないように、できるだけ肌をケアする成分が入っているものを選びたい。

女性50代〜

ニキビ肌の人は、色々と薬剤を用いてニキビができないように手入れしているので肌がダメージを受けているのでスキンケアで潤いなどを補ったほうがいいと思ったからです。

女性30代

肌が荒れないようにするのが一番なので、ニキビに刺激にならないようなスキンケア成分が入っているものを選びます。
長時間つけることが多いのでなるべく負担にならずケアも一緒にできるものが好きです。

2位は「スキンケア成分配合」です。
ニキビができないようにスキンケア成分が入っていて、日焼け止めと肌ケアを同時にできるものがいいという意見がありました。

ニキビ肌の方が日焼け止め選びで重視すること3位:さらっとしたテクスチャー

女性40代

扱いやすく、肌に優しそうだから。落としやすい感じもします。
落としやすければ肌へのダメージは少ないと思います。

女性30代

テクスチャーがサラサラしていて、肌の負担が少なそうな物の方が毛穴の防ぎを減らせそうだからです。
あとは刺激が少ない物を選びます。

女性20代

ニキビ肌の場合、顔の油分が多めの人が多いため、さらっとしたテクスチャーで、ベタつきのないタイプの日焼け止めを使ったほうが、使い心地が良さそうだと思ったからです。

ニキビ肌の方が日焼け止め選びで重視すること4位:ノンコメドジェニックテスト済み

男性50代〜

ニキビ肌を悪化させないためには,肌の負担になりにくい日焼け止めを選ぶことが大切なようです。
中でも,ニキビが発生しやすいかをチェックしてある「ノンコメドジェニックテスト済み」の日焼け止めがおすすめです。
これを使用すれば絶対に大丈夫というものではないようですが,この表示がある日焼け止めを選ぶことで無用なお肌トラブルをいくらか未然に防ぐことができると思います。

女性30代

ニキビができにくいか、きちんとテストされていると言う印なので、ニキビ肌の人はノンコメドジェニックテスト済みの日焼け止めを選んだ方がいいです。
医学的に証明されているものを信用します。

女性40代

ニキビの原因となるコメドができないようにすることが大事なので、スキンケア用品全て、日焼け止めもノンコメドジェニックのものを使用した方がいいと思います。

ニキビ肌の方が日焼け止め選びで重視すること5位:ノンケミカル

女性30代

毛穴を塞いでしまうような化学系の成分だと洗い残しなどが起こり、余計に炎症を進めてしまうことがあるから。

女性20代)

紫外線の予防にもなり、肌にやさしそうに感じた。
ニキビとの因果関係は知らないが、なるべく自分の肌にあった成分であることを重視している。

女性40代

紫外線吸収剤が使用されていると、肌への負担が重い。刺激が強いと肌が非常に乾燥し、余分な皮脂が出てくることによって、ニキビになってしまう為。

ニキビ肌の方が日焼け止め選びで重視すること6位:SPF50である

男性50代〜

紫外線対策をしないとシミにもなるので高い方が効果があるので使用したりしています。
日焼けはあまりよくないので。

女性30代

日焼け対策をするならやはり、やけない方がいいのでSPFは高いのでないと日焼け止めの意味がないと思ってしまう。

6位は「SPF50である」ということでした。
日焼け止めを塗るのであれば焼けないことを重視したいという意見ですね。

まとめ

100人にアンケートを行ったところ、「無添加」と回答したのは全体の27.0%でした

また回答した理由として、日焼け止めのせいで余計に肌荒れしたくないからという意見や、できるだけ肌に優しいものを選んだ方がいいからといった意見が数多く見受けられました。

日焼け止めのせいで余計にニキビができてしまわないように肌への負担を最小限に抑えたい人が多いです。

ニキビ肌の方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次