Kucoin(クーコイン)にログインできない!5つの原因と対処方法を紹介

Kucoin クーコイン ログインできない
この記事でわかること
  • Kucoinへログインできない5つの原因
  • Kucoinへログインできない時の5つの対処方法
  • 確実にログインするための4つ対策方法
  • Kucoinログインの際によくある質問

結論、Kucoinにログインできない理由の大半が「ログイン情報の入力ミス」です。

しかし、仮に他の原因が理由でログインできないようなら、この記事で解説している対処方法を知らないと、Kucoinで入金や取引を進められなくなります…

この記事を読めばKucoinへログインできない状況を改善できる!

今後確実にKucoinへログインするための対策も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

Kucoin(クーコイン)へログインできない5つの原因

Kucoinにログインできない原因として考えられるのは、以下の5つです。

Kucoin(クーコイン)へログインできない5つの原因
  • ログイン情報の入力ミス
  • パスワードを忘れている
  • 2段階認証コードの期限切れ
  • 2段階認証コードに誤りがある
  • Kucoinアカウントが凍結している

ログイン情報の入力ミス

ログインできない原因として最も多いのが、ログイン情報の入力ミス

メールアドレス・電話番号といったログイン情報に付随して、Kucoinでのパスワード入力が必要です。

手入力を行う項目が少なくないため、以下のような入力ミスをしている可能性が考えられます。

ログイン情報の入力ミス例
  • Kucoinで登録していないメールアドレスの使用
  • Kucoin以外で利用しているパスワードの入力
  • 大文字・小文字や全角・半角の文字指定が間違っている

特に異なるパスワードの使用や大文字・小文字の指定違いはよくあるミスなので要注意!

パスワードを忘れている

パスワードが不確かである場合は、当然ログインできません。

そもそもパスワードが思い出せなかったり、他のサービスとパスワードが混同していたりするケースも。

現在のパスワードが分からない以上、新たにパスワードを取得するほかありません。

パスワード入力を5回ミスをすると、アカウントへのログインが2時間ロックされる点に注意!

2段階認証コードの期限切れ

2段階認証を設定している場合、入力するべき認証コードの期限が切れている可能性も考えられます。

Kucoinでは2段階認証用アプリとして、Googleが提供する「Authenticator」を使用。

Authenticatorでは複数の認証コードを管理できますが、使用できる認証コードが30秒間隔で更新されます。

パスワード入力と同様、認証コードも5回入力ミスをすると2時間のロックがかかるので要注意!

2段階認証コードに誤りがある

入力している認証コードが、自身のアカウントに適したものでないケースも。

  • 別の取引所の認証コードを入力している
  • サブアカウントの認証コードを使用している

上記の場合、当然ながらログイン時点でエラーとなって弾かれてしまいます。

誤って認証アプリを削除するといったトラブル時は、再度2段階認証の設定を進める必要があります。

Kucoinアカウントが凍結している

自身のKucoinアカウントが、運営によって凍結されている可能性もあります。

アカウントが凍結されることでログインはもちろんのこと、仮想通貨売買ができなくなります。

主にKucoinの規約違反が凍結の要因となっており、他者アカウントへの不正ログインや運営に脆弱性をもたらす行為に対してアカウント凍結がなされる仕組みです。

普段通りにKucoinを利用していれば凍結は考えにくいため、ログインできない原因としては稀でしょう。

▲目次へ戻る

Kucoin(クーコイン)へログインできないときの対処方法

上記で紹介した原因によってログインできない場合、以下のような対処方法が必要です。

Kucoin(クーコイン)へログインできないときの対処方法
  • ログイン情報に誤りがないかを確認する
  • パスワードの再設定を進める
  • 有効な認証コードを入力する
  • 認証コードを再設定する
  • アカウント凍結原因を運営に問い合わせる

ログイン情報に誤りがないかを確認する

まずは、入力しているログイン情報に間違いがないかを確認しましょう。

ログイン情報の入力ミスを見つけるポイントは、以下のとおりです。

ログイン情報で間違いやすいポイント
  • 入力したメールアドレス・パスワードに間違いがないか
  • Kucoinで登録されているものを利用しているか
  • 大文字・小文字、半角・全角の文字指定ミスがないか

正しく入力を行っているつもりでも、うっかり大文字指定になっているケースも珍しくありません。

キーボードの「Caps」がオンになっていないかを確認したうえで、ログイン情報の入力を進めましょう。

パスワードの再設定を進める

完全にパスワードを忘れている場合は、ログイン画面から再設定を進めてください。

パスワードがうろ覚えの状態でもアカウントにロックがかかる可能性があるため、思い切って再設定を進めましょう。

パスワードの再設定は、以下の手順通りに進めてください。

  1. ログイン画面から再設定に進む
  2. 認証コード等の入力
  3. 新たなパスワードの設定
パスワードの再設定方法はこちら!
STEP
ログイン画面から再設定に進む

ログイン画面から、「パスワードを忘れましたか?」をクリックします。

ログイン画面から再設定に進む
STEP
認証コード等の入力

携帯番号・メールアドレスのいずれかを選択し、「コードを送信」をクリック。

その後、メール・SMSに届いた認証コードを入力し、「送信」をクリックしてください。

認証コード等の入力
STEP
新たなパスワードの設定

あとは任意のパスワードを入力し、「送信」をクリックすればパスワードの再設定が完了です。

新たなパスワードの設定

有効な2段階認証コードを入力する

認証コードの有効期限が切れた場合は、新たに生成された認証コードを入力しましょう。

上記でもお伝えしたように、認証コードは30秒間隔で更新されます。

入力時間が残り少ない場合は今の認証コード入力を見送り、新しい認証コードで入力を進めてください。

2段階認証コードを再設定する

認証コードが上手く反映されない場合は、2段階認証の再設定を進めてください。

2段階認証の再設定は、Kucoinのログイン画面から以下の手順で進められます。

  1. ログイン画面から再設定に進む
  2. 認証コード等の入力
  3. 本人確認を進める
2段階認証コードの再設定手順はこちら!
STEP
ログイン画面から再設定に進む

ログイン画面から、「Google認証を利用できませんか?」をクリック。

ログイン画面から再設定に進む
STEP
認証コード等の入力

「コードを送信する」をクリックし、メールに通知された認証コードを入力します。

その後、取引パスワードを入力して「次へ進む」をクリックしてください。

認証コード等の入力
STEP
本人確認を進める

2段階認証の再設定には、身分証等の提出による「本人確認」が必須です。

本人確認で必要になる書類は、以下のいずれかを準備しておきましょう。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • IDカード(マイナンバー・在留カード)

書類準備後、「本人確認書類の表裏」と「本人確認書類とメモを持った自撮り画像」をアップロードします。

自撮りでは「自身の名前・生成コード・今日の日付」の3つが記された手書きメモが必要です。

生成コードは画面に表示されているので、書き写して撮影に臨みましょう。

本人確認を進める1
本人確認を進める2

画像をアップロードし、「送信」をクリックすれば2段階認証設定がリセットされます。

Kucoinのセキュリティ設定から、再度2段階認証の設定を進めてください。

アカウント凍結原因を運営に問い合わせる

アカウント凍結に心当たりがない場合は、運営へ凍結原因を問い合わせましょう。

こちらに落ち度がないようであれば、問い合わせをすることでアカウント凍結が解除されるケースもあります。

普段通りにKucoinを利用しているならアカウント凍結の心配はありません。

Kucoinへの詳しい問い合わせ方法については、後ほど解説します。

▲目次へ戻る

【手順解説】どうしてもログインできないときは運営に問い合わせる

どうしてもKucoinへログインできない場合は、運営へ問い合わせましょう。

たとえKucoinへログインできない状況でも、以下の手順から問い合わせ可能です。

  1. Kucoinのサポートページへアクセス
  2. サポートのリクエストを送信
STEP
Kucoinのサポートページへアクセス

Kucoin公式サイトのページ下から、「チケットを送信」をクリックします。

Kucoinのサポートページへアクセス

サポートページに移動するので、まずは言語を日本語に変更しておきましょう。

Kucoinのサポートページへアクセス2
STEP
サポートのリクエストを送信

問題の種類を「口座関連」に設定してください。

サポートのリクエストを送信

アカウント凍結について問い合わせる場合は、「口座凍結・凍結解除/不審案件の報告」を選択します。

サポートのリクエストを送信2

ログインできない際の問い合わせでは、以下の項目を入力してください。

  • 連絡用メールアドレス
  • 口座に関する問題(口座開設/ログイン)
  • 登録メールアドレス/電話番号
  • 件名・問い合わせ内容

それぞれを入力したのち、「送信」をクリックすれば問い合わせ完了です。

サポートのリクエストを送信3

あとはKucoin運営からの回答が来るまで待ちましょう。

▲目次へ戻る

確実にKucoin(クーコイン)へログインするための対策方法

ログインできない状況を改善した後は、今後確実にログインできるように対策しておきましょう。

Kucoinへ確実にログインをするための対策は、以下の5つです。

確実にKucoin(クーコイン)へログインするための対策方法
  • ログイン情報をブラウザに登録しておく
  • 別でログイン情報を管理しておく
  • スマホアプリを利用する
  • 2段階認証コードにラベルをつける

ログイン情報をブラウザに登録しておく

毎回手入力する手間を省けるよう、ログイン情報をブラウザに登録しておくのがおすすめです。

Google ChromeやFirefoxといった各ブラウザには、標準でパスワード機能が搭載されています。

あらかじめログイン情報を記録しておけば、入力間違いやパスワードを忘れる心配がありません

例)Google Chromeでログイン情報を記録する方法
Google Chromeでログイン情報を記録する方法
  1. Google Chromeのメニューから「設定」を選択
  2. 「自動入力」から「パスワードマネージャー」を選択
  3. 「追加」をクリックし、Kucoinのアドレスとユーザー名、パスワードを入力する

別でログイン情報を管理しておく

ブラウザとは別にログイン情報を記録・管理しておくのもおすすめです。

ログイン情報を別管理しておけば、万が一ブラウザに記録した情報が消えてしまっても問題ありません。

とはいえ、ネット上に管理していたログイン情報が漏れると、誰でも自分のアカウントへアクセスできてしまいます…

オンライン上ではなく紙などに記録し、誰も目につかない場所でログイン情報を保管しましょう。

スマホアプリを利用する

Kucoinのスマホアプリであれば、ログインを簡略化できるのでおすすめ。

例えばiPhone版のKucoinアプリの場合、ログイン情報を入力することなく、顔認証でロック解除が可能です。

常にログイン情報を記録しておく必要がなく、毎回の手入力の手間を省ける点はメリットといえるでしょう。

自分以外の顔ではログインできないため、セキュリティの観点からもスマホアプリは優れています。

2段階認証コードにラベルをつける

Kucoinで利用している認証コードに対して、ラベルをつけておくのも有効な対策方法でしょう。

ラベルとはいわば、「どのサービスの認証コードか」を判断する名前のことです。

ラベルがなければ各サービスに適した認証コードを入力できず、手当たり次第入力する羽目になります。

Kucoinであれば「Kucoin用」とラベルを付け、入力時に迷わないようにする工夫をしましょう。

Google Authenticatorでのラベル編集手順
Google Authenticatorでのラベル編集手順
  1. Google Authenticatorを開き、画面上の「…」をタップ
  2. 「編集」をタップし、ラベルを付けたい認証コードの鉛筆マークをタップ
  3. 任意のラベル名を設定し、「保存」をタップ

▲目次へ戻る

【Q&A】Kucoin(クーコイン)ログイン時によくある質問と回答

ここでは、Kucoinのログイン時に関するよくある質問について回答します。

疑問点がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

Kucoinが取り扱う暗号資産における取引量ランキングは?

2023年3月時点の、Kucoinでの取引量ランキングは以下のとおりです。

  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • ADA
  • MATIC

ランキングは短期間で変動するので、Kucoinの「市場」から最新情報をチェックしてください。

Kucoinのログイン時にパスワード入力を何回もミスしてロックがかかった際の対処法は?

Kucoinではパスワードや認証コードを5回入力ミスすると、アカウントにロックがかかる仕組みになっています。

2時間経てばロックは解除されるので、それまでしばらく待ちましょう。

Kucoinのサポート(support)に問い合わせる方法は?

Kucoinのサポート(support)に問い合わせるには、公式サイトのページ下にある「サービス」より、「チケットを送信」をクリックすることでサポートページに移動します。

詳しい手順は本記事で解説しているので、以下のリンクから確認してください。

>>Kucoinのサポートに問い合わせる手順

2段階認証の設定はKucoinログイン時に必須?

ログイン時における2段階認証の設定は必須ではありません。

しかし、2段階認証はアカウントを保護するためのセキュリティ設定です。

不正アクセスを防ぐためにも、2段階認証は必ず設定しておきましょう。

Kucoinでのログイン状態は継続できる?

ログインする際には、毎回ログイン情報の入力が必須です。

ログインを継続した状態では、第三者からの不正な操作を受ける可能性があるため、セキュリティの観点上仕方ないといえるでしょう。

しかし、2段階認証に関しては、30日間入力しないように設定できます。

Kucoinの取引パスワードを忘れた時の対処方法は?

パスワードと同様、取引パスワードも再設定できます。

取引パスワードのリセット・再設定の方法は、以下の手順通りです。

  1. Kucoinのプロフィールアイコンから「口座のセキュリティ」へ移動
  2. 取引パスワードの「変更」をクリック
  3. 「取引パスワードを忘れた?」をクリック
  4. 認証コード等の入力
  5. 本人確認書類の提出を進める

認証コード等の入力以下の手順は、2段階認証の再設定と同じ流れで進められます。

こちらをクリックすれば、2段階認証の再設定方法をチェックできます。

▲目次へ戻る

【まとめ】Kucoin(クーコイン)にログインできない原因を解説

あらためて、Kucoinにログインできない場合の原因・対処策をまとめておきましょう。

Kucoinにログインできない原因と対処策
  • ログイン情報の入力ミス
    →正しいログイン情報かを確認する

  • パスワードを忘れている
    →パスワードの再設定を進める

  • 2段階認証コードの期限切れ
    →有効な認証コードを入力する

  • 2段階認証コードに誤りがある
    →2段階認証の再設定を進める

  • アカウントが凍結している
    →運営に凍結原因を問い合わせる

冒頭でもお伝えしたとおり、ログインできない原因のほとんどが情報入力ミスです。

まずは焦らず、正しいログイン情報を入力できているかを確認してみてください。

また、どうしても自力でログインできない場合は、Kucoinへ問い合わせることも検討してみましょう。

ぜひこの記事をブックマークしておき、ログインできなくなった際にすぐ見返せるようにしておいてください。

仮想通貨マガジンの運営会社

運営会社株式会社レビュー
代表取締役戸田悟
法人番号9180001149463(国税庁経済産業省
所在地愛知県名古屋市中区栄5丁目26番地39号GS栄ビル3F
E-mailinfo@jafmate.co.jp
電話番号0566-50-2652
受付時間平日 9:00~17:00
土日祝 定休日
目次