Bybit(バイビット)取引履歴の見方・ダウンロード方法を解説

この記事でわかること
  • Bybitの取引履歴は、パソコンやスマホのブラウザでダウンロードする。
  • Bybitのスマホアプリは取引履歴のダウンロードに非対応で、確認のみ可能。
  • Bybitの資産履歴は問い合わせでも入手できる。
  • 取引履歴をダウンロードできないときは、選択範囲やエクスポート回数、取引件数などを見直す。

結論、Bybitでは取引履歴のダウンロードが可能です。

しかし、正しいダウンロード手順やルールを知らないと、取引履歴をいつまでも取得できないことも・・・。

この記事を読むと、取引履歴を確実にダウンロードできる!

「確定申告前なのに取引履歴を入手できない」と困っている方は、本記事をぜひ参考にしてください。

目次

Bybit(バイビット)取引履歴の見方・ダウンロード方法

Bybitの取引履歴の見方・ダウンロード方法を、取引やサービスごとに解説します。

パソコン・スマホのどちらでもダウンロード手順は同じです。

しかし、スマホだと表示が崩れやすいので、今回はパソコンのキャプチャを用いて説明します。

Bybitのスマホアプリでは、取引履歴をダウンロードできません。

現物取引

STEP
「現物注文」をクリック

まずは、画面上部の「注文」から「現物注文」をクリック。

スマホの場合は、アイコンをタップして「注文」から「現物注文」を選択しましょう。

STEP
取引履歴を表示

画面左端で「取引履歴」をクリックすると、取引履歴の画面に切り替わります。

注文時間などの条件を設定し、確認したい取引履歴を表示してください。

以上で、取引履歴を確認できます。

取引履歴をダウンロードする場合は、画面右上にある「エクスポート」をクリック。

STEP
取引履歴をダウンロード

ダウンロード範囲を指定し、「今すぐダウンロード」をクリックします。

一度に指定できる範囲は6ヶ月間です。

ステータスが「完了」になったら、再度「今すぐダウンロード」をクリックしましょう。

以上で、取引履歴のダウンロードは完了です。

なお、ダウンロードのボタンが表示されないときは、一度閉じてから再び「エクスポート」をクリックすると解消されます。

デリバティブ取引

STEP
「デリバティブ」をクリック

まずは、画面上部の「資産」から「デリバティブ」をクリック。

スマホの場合は、アイコンをタップして「資産」から「デリバティブ」を選択してください。

STEP
「履歴」をクリック

デリバティブアカウントを開いたら、「履歴」をクリック。

STEP
取引履歴を表示

日付などの表示条件を設定すると、取引履歴が表示されます。

取引履歴をダウンロードしたい場合は、「エクスポート」をクリック。

STEP
取引履歴をダウンロード

ダウンロード範囲を選択し、「今すぐエクスポート」をクリックしましょう。

選択できる範囲は、過去2年間のうち最大6ヶ月分です。

状態が「エクスポート済み」になったら、「ダウンロード」をクリック。

以上で、取引履歴をダウンロードできます。

資産運用サービス

ステーキングなどの資産運用サービスの取引履歴は、ダウンロードできません。(2023年5月時点)

しかし、注文履歴の確認はできるので、履歴をチェックしたい方は以下の手順で進めてください。

STEP
「資産運用注文」をクリック

まずは、画面上部の「注文」から「資産運用注文」をクリック。

スマホの場合はアイコンを押して、「注文」から「資産運用注文」をタップしましょう。

STEP
注文履歴を確認

資産運用サービスの種類を選択し、日付などの表示条件を設定してください。

以上で、資産運用サービスの注文履歴を確認できます。

エアドロップ

エアドロップとは、仮想通貨やトークンが無料配布されるイベントです。

知らないうちにBybitからエアドロップされている可能性もあるので、以下の手順通りに確認してみましょう。

STEP
「現物」をクリック

まずは、画面上部の「資産」から「現物」をクリック。

スマホの場合はアイコンをタップし、「資産」から「現物」をタップしてください。

STEP
「履歴」をクリック

現物アカウントが表示されたら、「履歴」をクリック。

STEP
「その他」をクリック

「その他」をクリックすると、エアドロップの全履歴が表示されます。

表示履歴を限定したい方は、通貨や日付を指定して絞り込みましょう。

Bybitのエアドロップ履歴はダウンロードできません。
ただし、損益計算ソフトの「Gtax」はコピー&ペースト、「Cryptact」はカスタムファイルでエアドロップ履歴をアップロードできます。

なお、「タイプ」の項目をクリックすると、エアドロップ以外のさまざまなタイプを選択可能です。

▲目次へ戻る

Bybitの取引履歴はスマホアプリでダウンロードできない|確認は可能

Bybitの取引履歴は、スマホアプリではダウンロードできません。

ただし、スマホアプリで取引履歴を確認することは可能です。

なお、現物取引とデリバティブ取引では確認手順が異なるので、別々に紹介します。

Bybitアプリで現物取引履歴を確認する方法

STEP
「すべての注文」をタップ

画面下のメニューで「取引」を押して、画面上のメニューが「現物」になっていることを確認します。

その後、「すべての注文」をタップしましょう。

STEP
現物取引履歴を確認

「取引履歴」をタップすると、現物取引履歴を確認できます。

取引ペアや期間、注文方向や注文方法の絞り込みも可能です。

Bybitアプリでデリバティブ取引履歴を確認する方法

STEP
契約タイプを選択

まずは、画面下のメニューで「契約」をタップします。

続けて、画面上のメニューで契約タイプを選択しましょう。

STEP
「すべての注文」をタップ

契約タイプを選択したら、「すべての注文」をタップ。

STEP
デリバティブ取引履歴を確認

「取引履歴」をタップすると、デリバティブ取引履歴を確認できます。

取引ペアや期間、カテゴリーの絞り込みも可能です。

▲目次へ戻る

Bybitの取引履歴(資産履歴)は問い合わせでも入手可能

Bybitでは、問い合わせによる取引履歴の入手も可能です。

具体的には、現物アカウントと資金調達アカウントの資産履歴のダウンロードを依頼できます。

現物および資金調達アカウントの履歴は公式サイトでダウンロードできないため、問い合わせでの対応となっています。

問い合わせで資産履歴を入手したい方は、以下の手順で進めましょう。

STEP
問い合わせフォームにアクセス

問い合わせフォームにアクセスし、以下のとおりに操作します。

  1. 「Bybitアカウントに関して、ログイン、本人確認(KYC)およびその他のリクエスト」を選択
  2. 「データのダウンロードを申請」を選択
  3. 「Yes」を押す
STEP
情報を入力して提出

続いて、以下の情報を入力しましょう。

  • ダウンロードしたい履歴の種類(現物アカウントの資産履歴など)
  • ダウンロード範囲の開始日(必須)
  • ダウンロード範囲の終了日(必須)
  • 希望のファイル形式(PDF・CSV・その他)
  • UID(ユーザーID)
  • 登録メールアドレス(必須)
  • 登録携帯番号

問い合わせに関する説明や、書類ファイルのアップロードがある場合は設定してください。

最後に「Submit」を押して提出すると、10営業日以内に返答がメールで届きます。

▲目次へ戻る

Bybitの取引履歴をダウンロードできないときの原因・解決策

Bybitの取引履歴をダウンロードできないときは、以下の原因が考えられます。

  • ダウンロード期間の選択範囲が広い
  • 1日のエクスポート回数を超えている
  • ダウンロードURLの期限が切れている
  • 1回のダウンロード件数が多い

それぞれの解決策を紹介するので、順番に確認しましょう。

ダウンロード期間の選択範囲が広い|6ヶ月以内

ダウンロード期間を広く選択しすぎると、エラー表示が出ます。

Bybitの取引履歴は、一度に6ヶ月分しかダウンロードできません。

また、2年以上前の取引履歴はダウンロードできないので、選択範囲が広い場合は修正しましょう。

1年間の取引履歴をダウンロードする場合は、1~6月と7~12月に分けてエクスポートするのがおすすめ。

1日のエクスポート回数を超えている|最大5回

1日に何度もエクスポートを行うと、回数制限に引っかかります。

取引履歴のエクスポート回数は、各取引に1日最大5回です。

たとえば、現物取引履歴を1日に5回エクスポートした場合は、日付が変わるのを待たなければいけません。

とくに確定申告の直前などは回数制限がかかると困るので、条件をしっかり確認してからエクスポートボタンを押してください。

ダウンロードURLの期限が切れている|7日間有効

取引履歴のダウンロードURLは、7日間のみ有効です。

7日間が過ぎるとURLは無効になるので、エクスポート後は早めにダウンロードしましょう。

URLの有効期限が切れた場合は、こちらを参考にしながらダウンロードし直してください。

1回のダウンロード件数が多い|最大10,000件

1回でダウンロードできる取引件数は、最大10,000件です。

10,000件を超えると「上限を超えています」などと表示されるので、日付範囲を変更して取得取引件数を減らしましょう。

日付範囲を変更してもダウンロードできないときは、Bybitのカスタマーサポートに問い合わせてください。

▲目次へ戻る

【Q&A】Bybitの取引履歴でよくある質問と回答

Bybitの取引履歴でよくある質問に対して回答するので、疑問点がある方は参考にしてください。

Bybitの取引履歴が反映されない原因は?

取引履歴が反映されない原因として、日付範囲の未設定が考えられます。

日付範囲がデフォルトのままだと、直近24時間や7日間の取引履歴しか反映されません。

過去の取引履歴をさかのぼって表示する場合は、日付範囲を自分でカスタマイズしましょう。

日付範囲以外にも、取引ペアや注文タイプの指定ミスをしている可能性もあります。

Bybitの取引量はどこで確認できる?

Bybitの取引量は、CoinMarketCapCoinGeckoなどの仮想通貨情報サイトで確認できます。

24時間の全体取引量や、通貨ペアごとの取引量などを確認できるので、気になる方はチェックしましょう。

Bybitの取引履歴は確定申告に必要?

Bybitで仮想通貨取引をした場合は、確定申告に取引履歴が必要です。

厳密には、仮想通貨取引の損益を計算するときに取引履歴が必要になります。

確定申告の際に、取引履歴を添付して提出する必要はありません。

ただし、税務調査が入ったときのために、取引履歴のデータは消さずに残しておきましょう。

Bybitの取引に関する税金は支払わなくてもばれない?

いいえ、Bybitの取引に関する税金を支払わないと、国税庁によって発覚します。

日本の国税庁はさまざまな国と租税条約を締結しており、海外取引所の取引データを入手できるからです。

Bybitなどの海外取引所であっても、利益が発生したときは雑所得に計上して確定申告を行いましょう。

Bybitの取引履歴はAPIでも取得できる?

はい、Bybitの取引履歴はAPIでも取得できます。

BybitのAPIについては以下の記事でくわしく解説しているので、参考にしてください。

Bybitの残高が表示されないときの原因と対処法は?

残高が表示されないときは、目のマークを押しましょう。

目のマークを押すと残高を表示したり、隠したりできます。

▲目次へ戻る

【まとめ】Bybitの取引履歴は早めにダウンロードしよう!

Bybitの取引履歴の見方・ダウンロード方法を解説しました。

取引履歴をダウンロードできないときの解決策を、あらためて以下にまとめます。

取引履歴をダウンロードできないときの解決策
  • 1回のダウンロード範囲を6ヶ月以内におさめる
  • エクスポートの回数上限(1日5回まで)に注意する
  • ダウンロードURLの期限(7日間)が切れた場合はエクスポートからやり直す
  • 1回のダウンロード件数が10,000件を超えないようにする

Bybitの取引履歴は確定申告で使用するので、ダウンロード方法はかならず知っておきましょう。

また、確定申告前にあせらないためにも、取引履歴は3ヶ月や6ヶ月おきにダウンロードしておくのがおすすめです。

取引履歴のダウンロード方法がわからなくなったときは、本記事を見返してみてくださいね。

仮想通貨マガジンの運営会社

運営会社株式会社レビュー
代表取締役戸田悟
法人番号9180001149463(国税庁経済産業省
所在地愛知県名古屋市中区栄5丁目26番地39号GS栄ビル3F
E-mailinfo@jafmate.co.jp
電話番号0566-50-2652
受付時間平日 9:00~17:00
土日祝 定休日
目次